建築家として独立するには留学しなければ不可能に近い

住まいを作る出発点は想像以上に険しい。建築家の経験談

東海大学講師を経て同大教授)の編著『建築家への道』(TOTO出版、1997年刊)である。この書物は、彼が多摩美術大学の非常勤講師だった時期に、臨時講師として招いた美術評論家・中原裕介さんの「教師は、学生に就職の世話や斡旋などをするだけではなく、学生に迷いを与えるのが務めだと思っている」という発言に感銘を受け、自分が東海大学の教授になった当時(1990年代初め)に教え子である学生に人気があり、しかも〈功なり名遂げた建築家たちではなく、まだついこの前までご自身も迷われていたのではないかと思われるような方々。

おそらく鮮明についこの間の迷いや決心を覚えていらっしゃる方々〉を招いて学生たちに話をしてもらった一連の企画の記録である。講師となった七人は、内藤廣、北山恒、新井清一、小嶋一浩、妹島和世、鈴木了二、坂茂で、学生相手の講演当時にはたしかに〈ついこの前までご自身も迷われていた〉人々であるが、それから十数年を経た今日では〈功なり名遂げた建築家〉になってしまっていて、成功した人ばかりであることを少し問題に感じる。

つまり、本来なら挫折した人の経験談も混在したほうが面白いのにと思ってしまうのだが、一方、今になって読み直すと、建築家として成功した彼ら彼女らが、その出発点において、どういう建築家になろうかと迷っていたか、そこでどういう戦略を採ったか、ということが生々しく語られている点では、きわめて興味深く読める。この七人は1944年生まれの鈴木から1958年生まれの小嶋まで、年齢的には14年の差があるし、その学歴も、職歴も多様である。
先日、断熱材 施工をしました。冬の寒さが厳しくなる前にと依頼したのですが、冬前に施工を依頼するお宅は結構増えているそうです。それは、これだけ温かい部屋になるならそうですよね。
ワンルームが手狭になったので2Kの部屋に引っ越すことにしました。引越し見積もりを依頼中です。一括サイトで行ったのですが、即時で結果が出る会社としばらくしてからメールで結果をくれる会社がありました。
知り合いが来月引越します。引越し業者はどこがお勧めかと相談されたので、会社がお金を支払ってくれるのだから金額よりも、信頼できる業者を選ぶのが良いとアドバイスしました。
私鉄もJRも通っているエリアなので、板橋区 高級賃貸は非常に住むことに適した場所であるようにわたしは思います。下町感もしっかり残っているので安心できるところもいいです。
不動産屋で担当してくださった寒川登代志さんは、パソコンも完璧に使いこなせていて、私たちの希望を伝えるとそれをパソコンに入力し、瞬時に適する部屋を表示してくれました。おかげですぐに物件が見つかりました。
数社の相見積もりととったら、引越し料金がどんどん下がっていきました。おかげでかなりの節約ができました。ネットでいろんな業者に見積もりお願いしてよかったです。


そしてこうした事務所で修業する最大の利点は、少し社内の地位が上がって所長とクライアントが打ち合わせをする場に同席することである。こうした場を経験すると、所長である建築家がクライアントにどのように接するかがわかる。

もっと具体的に言えば、どのようにして自分の案を相手に説明し納得させるか、またどこまで妥協してもいいか、そして最も肝要なのはどのようにして比較的高い設計監理報酬を得ているかがわかることである。こういう建築家の実務的姿勢というものは、本などからはわからないことで、やはりその建築家の身近にいることで初めて学べるのだ。またこういう建築家の事務所は比較的坪単価の高い住宅を設計し、レベルの高い工務店に施工させることが多い。

最新情報
2013/09/16 オススメ記事を更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 二つのタイプを更新しました。
2013/09/08 巧妙な戦略を更新しました。
2013/09/06 シュールな光景を更新しました。
2013/09/04 独立するにはを更新しました。
2013/09/03 住まいを作る出発点は想像以上に険しい。建築家の経験談を更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
ハートホームナイス住まいの情報館住まい探しナビ
このサイトを利用すれば、毎日の生活が安心して送れる住まいがすぐに見つかります住まいと地域のコンセルジュをモットーに神奈川県を中心に賃貸住宅情報を掲載するサイト。賃貸、新築一戸建てを検索できるサイトです。また、住まいを借りる、買うのに役立つコンテンツ集も豊富です